Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【Skills&Drills】事実、多くの指導者が知らないレイアップシュートの真実

2017.12.21

 




 

シュートの基本はオーバーハンドシュート

 

ジャンプシュート、フローターなどシュートは基本的に

 

中指が自分側を向き

親指が内側を向くオーバーハンドで放ちます。

 

 

利点は

 

・より高い位置からショットを放てること

 

・ディフェンスから遠くの位置から高い打点でショットを放てること

 

・ワンハンドショットやフローター指導に繋げやすいこと(キャッチ&リリース動作が同じである)

 

ダンクもオーバーハンドが基本ですね。

 

また、シングルハンドプッシュパス、ドリブルもオーバーハンドで行うことが基本です。

 

 

 

 

全ての動作が同じ形ですが、方向が上か前か下かの違いです。

 

 

なのに何故レイアップシュートはアンダーハンドで指導するのでしょうか?

 

日本人は女子にボウスハンドショットを主流とさせたり、低学年生ににもアンダーハンドレイアップシュートを主流とさせたり、どこか非力であることを前提とした弱者の指導論が蔓延しているように思います。

 

私はその原因の一つに「子供に対して大人の結果を求めている」ということが挙げられるのでは無いかと考えています。

 

子供なのに大人の常識を押し付けてしまっているのです。

 

例えば、

 

シュートは必ず頭の上から打て

 

はレイアップシュートに並んでその代表格です。

 

非力な子供達にいきなり頭の上からシュートを打たせる必要はありません。

手を上げた状態でジャンプしろと言っているようなものです。高く飛べません。

 

頭の上からシュートを打つことが習慣化してしまうと、アウトサイドショットのフォームに悪影響がでます。

打点はジャンプショット、ジャンピングショット、そして距離によって使いこなす必要があります。

 

以前の記事(※1)でお伝えしている通り、

 

その選手の成長に合わせてディフェンスを想定しながら、ボールがリングに届く位置から打たせればいいのです。

 

 

子供達にアンダーハンドレイアップシュートは難しい

小学生カテゴリの選手は背が低く、さらに非力です。

 

そんな選手にいきなりアンダーハンドレイアップシュートを教えると、高いリングに届かせようと下からボールを放り投げます。

 

本来、アンダーハンドレイアップシュートも肩で構え、肩より下にボールを下ろさない事が基本となります。

 

体が出来てきて、リングの近くからレイアップシュートが出来るようになってから活用すれば十分なシュートです。

 

ただし、教えないのも良いことではありません。

バリューワークスでは研究を重ねた結果、あることを限定してアンダーハンドレイアップも含めたレイアップを指導しているので、ペイントでの得点力が圧倒的に身についていきます。

 

レイアップは英語で

 

Lay-upと書きます。

 

Layには「物を置く」という意味があります。

 

辞書にはこのように、ゴール下のジャンプシュートと書かれています。

 

画像出典:ウィズダム英和・和英辞典2

 

ウィキペディアにも、英文ではこのように説明されています。

 

A layup in basketball is a two-point shot attempt made by leaping from below, laying the ball up near the basket, and using one hand to bounce it off the backboard and into the basket.

 

〜レイアップシュートとは、バスケット(リング)の下から飛び跳ね、バスケットの近くにボールを置きにいく、そして、片手でバックボードにボールをバスンスさせバスケットにボールを入れることを試みる2ポイントシュートである。〜

出典:Wikipedia/Layup

 

ウィキペディアが正しいわけではないですが、アメリカのどの本を読んでもレイアップシュートはアンダーハンドであるとは記載されておりません。ランニングプレイである必要もありません。

※日本のWikipediaにはここまでしっかりと表現されていません。

 

>次ページ 「アンダーハンドレイアップシュートの利点」

固定ページ: 1 2 3 4 5



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

チームアライアンス