STAFF
スタッフ紹介

STAFF
スタッフ紹介

COACH
コーチ

Navigator
Katsuya Takehara
竹原 勝也

「“TEAM”にとってかけがえのない選手」を創りたい

バスケットボールは“TEAM”スポーツです。

では、そもそも“TEAM”とは何でしょう?

野村元楽天監督は、
その著書「負けの極意」にて
“TEAM”をこう定義していらっしゃいます。

「チーム=TEAM」の語源は
Together
Everyone
Achievement
More
の頭文字をとったものだといわれる。

すなわち、
「みんなで、一緒に、より多くのことを、達成する」
という意味だ。

共通の目標のもとに、
ひとりひとりがそれぞれの役割と責任を果たすことで
一丸となって取り組めば、
ひとりが行うより、
はるかに大きな業績を残すことができる、
というわけである。

バスケットボールに限らず、
人間は人生の如何なる場面においても、
それぞれの役割、立場があります。

中には、
与えれた役割、立場について、
不平、不満があるかもしれません。

ですがエゴを捨て、
与えられた役割、立場の中で最大限の努力をする選手こそが、
「“TEAM”にとってかけがえのない選手」ですし、
「常に最大限の努力をする」ことを
バスケットボールを通じて皆さんに学んでほしいと思います。

みなさんが、
「“TEAM”にとってかけがえのない選手」になるために、
「“TEAM”にとってかけがえのない選手」になるための“KASH”(Knowledge, Skill, Attitude, Habit)
をVALUE WORKSを通じて伝えていきます。

スクール代表
Value Worksコーチデベロッパー
Seichiro Akatsu
赤津 誠一郎

父親になると、子供から沢山の事を教えられます。
私にとって、我が子は「かけがえのない」存在です。

保護者の皆様にとっても、「かけがえのない存在の選手」を指導する以上、私自身がベストを尽くしてバスケットボールを学ぶ必要があると感じ、竹原さんを通じてロサンゼルスのバスケットボール指導に出会うことになりました。

ロサンゼルスで学んだ1番大切なことは、「上手なだけの選手」ではなく、「素晴らしい選手」を育成すること。

そして、同じ志を持つコーチを育成していくことも私達大人の役割です。コーチが学び活き活きと指導し、
選手も保護者も一体となったまるで舞台のようなトレーニング作りを目指しています。

技術だけではなく、人のために自分を高め、人に価値を認めてもらえる「ValueWork」を行える選手を育てて行きたいと考えています。

Value Worker
コーチ&スキルトレーナー

バリューワークスのコーチ&トレーナーを紹介します。

詳細はこちら

  • スキルトレーナー
    Shoya Matsuno
    松野 奨也

    社会福祉法人 和楽会 勤務
    小四の時、兄のきっかけでバスケットボールを始める。
    2019年3月、横浜リゾート&スポーツ専門学校卒業。在学中は座学、実技にて体づくりを現場で活躍するプロの講師から学ぶ。
    現在、バリューワークス、川崎スーパーソニックスヘッドコーチとして子ども達を指導。
    国内外、トップクラスの指導者からバスケットボールを学び、より素晴らしい環境づくりに励む。
    趣味は映画鑑賞と旅行。どこの公園に行ってもバスケットゴールがあるそんな日本にしたい。

  • スキルトレーナー,アスレチックトレーナー
    Tetusya Ariga
    有我 哲也

    国学院大学在学中。
    エルトラック鈴木良和氏に出会い、コーチとしての生き方に憧れを抱いた。
    カナダへ短期留学の経験の後、バリューワークスに出会い、コーチとしての道を歩み始める。
    現在はコーチ業と海外一流コーチとやり取りを行い、海外キャンプのコーディネートも努め、
    ロサンゼルス、カナダへとバスケットボール指導を学び、さらなる成長が期待出来る。

  • スキルトレーナー
    Yasunori Imoto
    井元 康徳

    東海大学在学中。
    文武両道を貫き、教員としてより良いコーチになるためにバリューワークスでコーチを始める。
    学生時代にしかできない様々なことに挑戦しつつ、学び続ける素晴らしいコーチ。

  • スキルトレーナー
    Kaito Yamada
    山田 海斗

    日本大学在学中。
    体操教室での講師経験も持ち、幼児から小学生までの指導経験が豊富な若手コーチ。
    海外に憧れ、素晴らしいコーチになるためにバリューワークスの門戸を叩く。
    赤津コーチと同じ土浦日大卒業(進学コースのエリート)

  • スキルトレーナー
    Natsuki Kikuchi
    菊池 捺紀

    日本体育大学在学中。
    文武両道を貫き、北海道から川崎へ移り住み日本体育大学で教員としての道を目指している。
    北海道に帰ったときにより良いコーチとしての経験を積むためバリューワークスに参画。
    コーチングノートには日々の学びがくまなく書かれており、
    ウエイトトレーニングにも日々打ち込む努力型のコーチである。
    夢はSKILLBOXを北海道にも創ること。

  • コーチ
    Tomoaki Muta
    牟田 朋晃

    所持資格:L.S.F.A.
    小一からバスケを始める。高3次の冬、アメリカIMGアカデミーのキャンプに参加。しかしそこでの素晴らしいコーチとの出会いがきっかけで、進路を指導者へ転換。同大学バスケ部へ学生コーチとして入部。主に戦術アナリストとして活動し、韓国・高麗大学遠征などを経て、’18年インカレ6位に貢献。
    バリューワークスを代表し、実践学園中学校男子バスケットボール部のアシスタントコーチを務め、森圭司コーチに従事する。

  • アシスタントトレーナー
    Tomoe Suita
    吹田 智恵

    保護者としてバリューワークスに出会い、その魅力に惹かれ運営から指導までをサポートする。
    海外留学経験を持ち、気配り目配り心配りをモットーにする精力的なコーチです。

  • Kiyoaki Yamagai
    山貝 清明

    職業:税理士
     
     「ドリブルを強くつく一つ一つ」が、「シュートエリアの拡大」が知らないうちにプレーへの自信につながっていることを体感させていただきました。

     「子供達には負けない」と言っていますが、本当は自分自身に負けたくないのでこれからもトレーニングやバリューワークスでのスキルアップを図っていきたいと思っております。

  • Nisshy
    にっしー

    職業:育成スポーツインストラクター
    これまでに取り組んだことがない、様々なスキルトレーニングを行うことで、大人になっても上達することを実感しています。
    バリューワークスでは、スキルトレーニングとフィジカルトレーニングを効率よく繰り返し実施しますので、
届かなかったワンハンドの3ポイントが楽に届き確率も高まり、苦手だったドリブルやアシストパスにも自信が付いてきました。
    男性プレーヤー相手に、スクールで習ったジャブステップからエクステンドでアンクルブレイクをした時はかつてない快感に包まれました(笑)。

  • Masashi Muto
    武藤 雅史

    職業:会社員(IT関連。某SIer勤務)
    最近の口癖は
    「もっと早く!いや、子供の頃にバリューワークスに出会いたかった!」です。

    走って鍛えて、声を出してハードにディフェンスをするバスケットボールしか知らないで育ったのですが、
    スキルトレーニングに出会い、40歳を過ぎた今が人生で一番バスケが上手く楽しい自信があります。
    通えば通うほど出会える新たな自分。まさかこんな人生が待っているとは思いませんでした。

  • Miwa Nakano
    中野 美羽

    職業:医療系会社員

    大人になってバスケットボールといえば、集まって試合をするだけでした。それはそれで楽しかったのですが、
    バリューワークスに出会い、テニスボールやリップコーン、椅子、ラダー等、様々なアイテムを使ったトレーニングに出会い
    試合よりも楽しい自己成長の方法があることを知りました。

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演

チームアライアンス