Value Works BLOG
バリューワークスブログ

VIP席のススメ 【川崎ブレイブサンダース 応援観戦】

2019.4.6

こんにちは。バリューワークスの赤津です。

 

2019年4月5日に開催された

 

川崎ブレイブサンダース vs 富山グラウジーズ

 

のGAMEを

 

VIP席

 

で観戦してきました。

 

値段はまさにVIP級ですが、満足度は超VIP級でしたので、1人でも多くの方にVIP席にご興味を持って頂くべく、観戦レポートを書きたいと思います。

 

VIP席とは

 

VIP席のコンセプトは次の通りです。

 

 

テーブル、座り心地の良いチェアを使用した観戦がお楽しみいただける、4人掛けのお席です。
さらにフードやドリンクのオーダーを受けてお届けする専用のコンシェルジュがいますので、大事なゲーム局面を見逃すことなく、アリーナグルメを満喫できます。
※ 4人分の価格が含まれています

出典:川崎ブレイブサンダースHP

 

席を立つ事なく、高いホスピタリティ、気配りの行き届いたおもてなしをご提供頂けます。

 

座席の場所は

 

入場後に左に曲がり、道沿いに歩いた突き当たりがVIP席です。

 

下記図の様な座席ではなく、横長のテーブルが仕切りで区切られプライベートな観戦環境が整っていました。

 

※画像引用は川崎ブレイブサンダースHPからです。

 

 

写真で見るとこんな感じです。

 

もっと引いた写真を撮れば良かった、、、

 

反省ですが、4人が横並びでゆったりと座ることが出来ます。

 

テーブルは奥行きも長さもあるため、4人で食事を頼んでも置き場所に困る事はありません。

 

ちなみにロウル君は持ち帰り禁止です。

 

座席の下には荷物置き場も設置されており、荷物の置き場所にも考慮された座席となっております。

 

評価やお値段は?

 

概ね公式の評価の通りと思いますが、割と席までの高さがあったり、コートまでの適度な距離もあるため、個人技の激しさや戦術的な連動を楽しむことが出来ます。

 

藤井選手がスクリーン二枚を求めたハンマーはパスが通る事はありませんでしたが、目の前のコーナーでフリーを生み出しとても見応えがありました。

 

というわけで

 

ゲーム展開を俯瞰して楽しむは星3つで!

 

ちなみに俯瞰の星5つは二回席です。

 

全体像が見えるという事ですね。

 

星5つのおもてなし

 

おもてなしは最高です。

 

テーブルには上記メニュー表が置かれていて、近くのコンシェルジュに頼む事で座席まで配膳して頂けます。

 

食べ物は3Q開始時が、飲み物は4Q開始時がラストオーダーとなり、それぞれのタイミングでコンシェルジュが確認してくれますので、

 

試合に熱中し過ぎてうっかり注文し忘れるバイオレーションの心配はございません。

 

お会計は帰りにまとめて支払えますので、わざわざ財布を出し入れする必要もなく試合観戦に集中する事が可能です。

 

おなじみの川崎ホルモン劇場のタンメンチカツに舌鼓をうち、サンダース唐揚げ、クラブハウスカレーライス、スタミナライス、壺漬けステーキ串、ポップコーンを堪能しました。

 

唐揚げは4名でしたら大盛りがおススメ。

別な味を楽しみたかったら普通サイズを2つでも良いでしょう。

 

クラブハウスシリーズは初めて口にしましたが、本当に美味しかったです。

 

選手と同じものを食べてる感もでますので、まさに一家団結、川崎のソウルフードと言えるのではないでしょうか。

 

食べ終わったタイミングで容器をコンシェルジュが下げてくれますので、ゴミが散らかる事もありません。

 

1つ要望があるとしたら、プラスチックの容器で運ばれてきますので、専用のお皿で配膳頂けたらよりVIP感が高まると思いました。

おそらく検討済みでしょう。

 

デザートはお土産にも最適

 

食後のデザートにはなんだかインスタ映えしそうな名前が並んでいました。

 

今回は

 

ユニフォーム型クランチチョコレート

ペイントの形が気になる風コート型クッキー缶

ロウルドーナツ

イクミママのどうぶつドーナツですね。

 

ニックスムージーも娘たちには大好評で一口もらいましたがとても美味しかったです。

 

私はもっぱら

 

アサヒビールとアサヒレモンサワーを堪能致しました。

 

 

お値段は

 

4人席2ボルト※で32,000円と流石のVIP級です!

 

今回は1ボルトでしたので、1人7,500円という価格設定でした。

 

しかし、それ相当の価値があると思います。

 

今回はかなり奮発しましたが、別にお金持ちだからとか、見栄を張りたいからだとか、そういった理由での購入ではありません。

 

※ボルトとは2018-2019シーズンより始まったフレックスプライス制度の単位です。

 

ボルトとは電圧の単位であり、電気を押し出す力を表しているそうです。

 

平日や週末といった日程や、実施イベントによりチケットの値段が変動し、

 

1ボルトはよりお求めやすく、5ボルトはより貴重だと思われる試合を観戦する事が可能です。

 

何ボルトであってもブースターを痺れさせてくれる事に違いはありません。

 

要望

最高の環境でしたが、こうだったらより良いなという要望も記載させて頂きます。

 

・トイレが近ければより良い

・オリジナル食器で配膳されればより良い

・机が揺れやすく並々注がれた飲み物がこぼれやすいので、案内があるとより良い

・何度も買えるものではないので、記念品があるとより良い

 

 

 

VIP席購入の目的

 

さて、ここで本題のVIP席を購入した目的ですが、

 

それは北ヘッドコーチのNBAファイナル付き人ツアーに申込むためです。

 

https://kawasaki-bravethunders.com/news/detail/id=14754

 

唯一必要な条件に

 

バスケットボールに対する誰にも負けない愛

 

が記載されていました。

 

誰と競う愛でもありませんが、

 

北さんと共にアメリカに行き、北さんと共にNBAを観戦する事で北さんからバスケットボールを学び、川崎の子供達選手をはじめ、日本中のバスケットボールを愛する方々にその経験を還元したく、

 

自分だからこそできる目的がありました。

 

その想いをまずは誰もやらないだろう事から表現すべく、VIP席からツイートをしようと準備しました。

 

バリューワークスの保護者様を代表して、この席を確保した気持ちで、未来のための投資だと思えば、まったく高いとは思いませんでした。

 

決して個人の思い出や財産にしたいのではなく、私の経験を多くの方の資産として残して行きたい。

 

落選しても構いません。

 

全額実費ででも行かせて頂きたいのです!

 

もちろん当選された方への配慮は忘れません。

 

川崎ブレイブサンダースのスポンサー様への配慮も忘れずに準備して参りたいと思います。

 

川崎ブレイブサンダース運営の皆様、この貴重な経験を是非私に積ませて頂けないでしょうか。

 

バスケットボールを学び、吸収し、日本バスケットボール界の普及、発展に命をかけて生きていたいのです。

 

以上、何卒よろしくお願い致します。

 

もちろん、落選しても実費で行けなくてもこのブログという資産は残りますし、川崎愛は変わりませんので今後も川崎ブレイブサンダースを応援していきます!

 

Just Try It.

 

 



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演

チームアライアンス