Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【阿部茉鈴】バリューワークスに入って感じたこと

2021.8.30

 

こんにちは!(^^)

バリューワクスでコーチをしています、まりんです!

 

今回はバリューワークスに入って感じたことや学んだことを皆さんにシェアします!

これを機に、今後一緒にコーチングをしてみたいという方が増えてくれれば嬉しいなと思います^ ^

 

まずは、バリューワークスに入ろうと思ったきっかけから綴っていきます。

それは私がアメリカへのバスケ留学を志し、その前に少しでもコーチングを学び自分自身の成長へとつながることをしたいと思っていた時に、バリューワークスに出逢ったことが始まりでした。

 

その後、練習の見学へ行き、生徒にわかりやすく、丁寧に教えていた赤津さんを見て「私も生徒に赤津さんと同じように教えられる日が来たらな」と思ったからです。

 

初めてSkill Box®︎に入った時は正直「こんな狭い場所でバスケなんてできるの?」と思っていました(^^;

しかし、いざ自分も生徒たちと一緒に練習をしてみると汗が止まらず、おかげで次の日は筋肉痛でした(笑)

 

他のクラブとは違うSkill Box®︎の最大の利点は、最大6人までのクラスなのでコーチが全員の生徒を細かく教えることができ、

施設も狭いので「移動距離が短い=短時間で沢山の種類の練習ができる」と言った点です!

基礎からしっかりバスケを学ぶことができるので初心者でも安心して通うことができます(^^)

 

宮山クラスでは、代表の赤津さんから本当にたくさんのことを学ばせていただきました。

 

「上手い選手を育てるのではなく、素晴らしい選手を育てる」これが自分の思う赤津さんの名言だと思います。

 

生徒に技術を教えるのはもちろんですが、それ以前に練習への取り組み・態度・仲間とのコミュニケーションが第一であることを学びました。ミニバスでは選手同士が一度の練習で何度も話し合うことなんて滅多にないと思います。

 

ですが、バリューワークスでは社会に出てもその経験を活かせるように、プレイにおいての問題点を自ら探し、仲間と考え、解決策を導き出すことによって問題解決能力とコミュニケーション能力を鍛えることができます。そして同時に社会的なマナーも身に付きます。会場に着いたら靴の置き方からリュックの置き方まで細かく指導してくださいます。自分ができているからOKではなく、まわりに目配り・気配り・心配りをして選手同士が学び合い、みんなが共に成長できる場所、それがバリューワークスです!

 

バリューワークスでは生徒だけではなくコーチ達も一緒に練習する機会が多々あります!以前の私はボスハンドでシュートを打っていましたが、バリューワークスに出会ってから私の課題であったワンハンドシュートの練習に打ち込み、1から赤津さんに丁寧に教えていただきました。そのおかげで徐々にワンハンドシュートに慣れてきて、今ではペイントエリア周りからシュートが入るようになりました!スリーポイントはまだボスハンドで打っていますが、ワンハンドシュート練習で力の使い方を教わったので今までよりも軽くシュートを打つことができ、キャッチアンドリリースも速くなったなと実感しています^ ^

 

赤津さんのシュートクリニックは本当に凄いです!1度でもいいので受けてみて下さい^ ^シュートがよく入るようになりますよ☆

 

バリューワークスに入る前まで、プレイヤーとしてしかバスケをしたことがなく、コーチ側のことを考える機会があまりありませんでした。

 

バリューワークスで、コーチングを学び始めてからは改めて今までコーチをしてくださった指導者の方々は偉大なのだと痛感しました。

 

今でもコーチングの初日はドキドキしながら行ったのを覚えています(笑)

まずは、コーチのアシスタントとして、尽力していました。

しかし、いざ自分がメインでのコーチとなってことを進めていくことで、メニューを考えることへの難しさや、どのようにしたら上手く練習の内容を伝えられるのかなど、コーチの視点から学べることが多くありました!

 

また、先日に有名なバスケ選手によるクリニックが開催されました。それを今回は自分が主催者となって準備を進めるということがありました。

 

開催するにあたり、会場の確保や参加者からの問い合わせ対応など、自分一人ではできないことがたくさんあったため、何人かに協力をしてもらい無事に開催に辿り着きました。これを機会に、長い時間と何人もの協力者の方々のおかげでやっと一つのクリニックを開催できるのだということと、開催するにあたってのノウハウを学ぶことができました。

 

わからないことはメモを取り、聞いたりする。時には失敗することもあります!

 

でも、その分学ぶことが多いので、『生徒たちの成長に負けずとコーチ達の成長』も多いです!

 

バリューワークスでは、コーチングはもちろんですが、礼儀作法やバスケに対する考え方、社会に出るための知識など、本当に学べることが盛り沢山です。自分自身も、少しずつではありますが成長しているなと実感できることが多くあります!

だから『生徒だけが成長するのではなく、コーチたちも大きく成長ができる』それがバリューワークス。

 

本当にバリューワークスに出会えて良かったと思いますし、この学んだことは社会にに出た時に絶対に活かせる確信があります!

今回はバリューワークスに入って感じたことや学んだことを書かせていただきました!最後まで読んでくださりありがとうございます♪

ではまた次の機会にお会いしましょう〜(^ ^)



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

スキルトレーナー

阿部 茉鈴

Marin Abe

身長:150㎝
ポジション:ガード
バスケ歴:15年
好きなバスケ選手:ジェームズハーデン
好きな食べ物:ユッケ
性格:フレンドリー、ポジティブ思考、負けず嫌い、おおざっぱ

バスケは親の影響で小さい頃からやらされていましたが、高校のカナダ留学をきっかけにバスケをやらされるのではなく、自分からやりたくなり日々成長したい思いで今に至ります。

日本では平凡なバスケ選手ですが、カナダやアメリカでバスケをした時には通用する部分が多々あり、自分のバスケは日本だけじゃ無いんだと知ってからものすごくバスケを好きになりました!

最近は赤津コーチから「茉鈴さんの身長はコーチとして誰にも真似できない武器になる」といわれ「そんな考え方があったのかぁ」と更に自分の身長が好きになれました。

大学は神奈川大学に1年間通ったものの、海外でのバスケ生活の楽しさが忘れられなくて今回もう1度海外でバスケをしたく留学に踏み切りました!
残念ながら2021年8月でコーチを一時お休みします。バリューワークスを辞めるわけではないので、留学先では、将来バスケ留学をしてみたい子供たちが増えるようにバリューワークス等を通じて、SNSでバスケ留学の魅力を伝えていきたいと思っています!

あと少しの間しか直接成長をサポートする機会はないと思います(涙)悲しいですが応援してください!!!何卒よろしくお願いします

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

一価団結アライアンス

実践学園中学・高等学校  男子バスケットボール部 川崎スーパーソニックスU-16 星槎国際高等学校

運営サポート・コーチ派遣

GERALOO BALLERS がブリチキン

LINE公式アカウント

クリニック、練習の最新情報はLINE公式アカウントにて配信しております。

LINE