Value Works BLOG
バリューワークスブログ

ウォーリアーズのゲーム前アップを観てきました。

2016.12.2
こんにちは!バリューワークスの赤津です。

私、昔から国内外プロアマ問わず試合よりもアップを観る事が好きです。

アップにこそチームの文化やゲームの狙いが現れ、より楽しくゲームを観戦する事が出来るからです。

そんな訳で、一度は生ステフィン・カリーのアップをこの目で観てこようと思いまして、

11月25日のレイカーズ対GSW(ゴールデンステート・ウォリアーズ)戦を観戦しにステイプルズ・センターに行ってきました。

(NBA観戦はおまけですよ)

ちなみにNCAAのアップもがっつり観てきましたので別途書きたいと思います。



早めに着いて、C-HRに出会えた幸運は前のブログに書きました。

TOYOTAの展示場を後にし、観光がてらステイプルズセンターの周りをプラプラしていたところ、

犬も歩けば棒に当たるとはまさにこの事。

 

ホテルを出るステフを目撃してしまいました。

※写真は自粛しますので、観たい方は声かけてください

詳細に言うと人だかりがあったので、出待ちだと認識し一緒に待ってみること

約2時間(笑)

しかしながら、バスケをしていないステフを観たところでまったく興奮も感動もしなかったので、

今後はどんな有名人に対しても出待ちは辞めておこうと思います(笑)

美味しいピッツアを頂き、いざ入館。



もうステイプルズセンターも2回目なので、空いている入り口から待たずに入る。

前回はクリッパーズの限定キャップをもらいましたが、

今回はレイカーズのキャップをもらいました。

このつばタイプは本当に似合わない私。



にあわねぇぇぇぇーーーーー(笑)

おっさん臭全開でした。

そんなおっさんに親切に対応してくれるチアの子がとても素敵でした^^

キャップはお土産ですね^ ^

席につくと、すでにステフはアップを始めていました。



せっかくなので、奮発してちょっといい席にしました。

意図せずたまたまGSW側のベンチ裏でしたので、ラッキーでしたね。



ステフのアップはこんな感じでした。

  • パートナーがパサー
  • 複数のミートパターンからフェイク、ステップ、ドリブル、ショット
  • パートナーと押合いからのドライブジャンパー
  • フリースローは足を変えずに連続で
  • 長距離スリーポイントも
  • ゴムチューブを使ったストレッチ
  • スプリント
  • 終始リラックス
  • ファンサービスで複数のスポーツ(笑)

KD(ケビン・デュラント)はこんな感じです。



  • パートナーとポジションを入れ替え、スクリーンをイメージしたシューティング
  • トレーナーとストレッチを念入りに

試合の直前まで念入りにストレッチを行なっていました。

静的ストレッチはあまり行わないイメージだったのでリリースのためのストレッチなのか、どんなストレッチなのかまではしっかり観る事が出来ませんでした。

クレイ(トンプソン)はミートからの3ポイントをひたすら。

軽く30本連続で決めてました。

場所にはしっかり拘りがあり、コーナー、ウイング、ガードポジションで両サイド着々と放ってました。



チームとしてはドリブルレイアップが中心。

パスランではなく、ドリブルでしっかりとリストもアップします。

日本では当たり前のパスランはアメリカではまだ観た事がないです。

NBA、NCAA、Drew League

パスランは単調な動きになりがちで、ボールタッチ回数も1~2回と少なく「ゲーム前のアップ」としては不十分なように感じます。

対して、ドリブルからのショットは、ボールタッチの数も多く、ステップもサイド、ストップ等、選手が必要とする様々な動きを行うことが可能です。

やり方は普通に2メンの形をとり、ボールマンはパスをせずドリブルからのシュート。

パートナーはリバウンドをとり、シュート側サイドにパス。

と至ってシンプルです。

ゲームでのボールタッチも良くなると個人的に感じていますので、

まだ未経験のチームはぜひ一度試して頂きたいなと思っています。

ステフは途中からファンサービス!(笑)

砲丸投げや野球、ボーリング、バレーボール。



すごくリラックスしているし、お客さんも盛り上がります。

写真は砲丸投げですね(笑)

この試合はステフがダンクを外したり、

けが人が出てしまったり、

試合終了後にコートに侵入した少年がセキュリティーに取り押さえられ連れ出されたり。

大味な点も多々ありましたが、WOWもそこそこあって良いゲームを観れました。

最後まで試合を観戦しても、帰りの運転は全く混まなかったので、

早々と帰る必要はなさそうです。

ちなみに、ステイプルズセンター外のお土産売り場(TEAM LA)は17時で閉まってしまうので要注意です。



商品棚が回転式になっていて、裏にはクリッパーズのギアやアイスホッケーチームのギアがありました。

試合によって棚を回転させて、品揃えを変えるのですね。勉強になります。

駐車場は、センターに近いと30ドル。少し離れると20ドル。もう少し安いのもありそうです。

13時頃着いても問題なくとめられました。

私が停めたところはMIDNIGHT(0時)まで停められるとの事だったので、

安心して試合を観戦できました。

これ、やりたかったなー。次回は挑戦してみよう。



チームアップとしてはNCAAの方が参考になりました。

また別な記事にまとめたいと思います。

それでは本日も

JUST TRY IT.

不安のあったロサンゼルス(カリフォルニア)一人旅。

気がつけばコンフォートゾーンに収まっていました。

挑戦すればコンフォートゾーンは広がり、成長を実感できます。

英語なんて話せなくても大丈夫です。

まずは行ってみよう!(安全なところにね)



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

チームアライアンス