Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【Habit Drill】オンボール、オフボールの基礎を習慣付けるシンプルなシューティングドリル

2017.11.7
  1. こんにちは!

バリューワークスの赤津です。

 

【Skills & Drills】初めて読む方は是非こちらのリンクをご一読ください。

 

チームトレーニング

バリューワークスでは、WEBメディアを活用し、川崎市の有志・保護者で結成したクラブチームである川崎スーパーソニックスの広報やメンバー募集、トレーニングメニューの提供を担当させていただいております。

 

パーソナルトレーニングだけではなく、中学生クラブチームと関わる中で、

 

良い習慣を身につけるために有効

 

と感じたドリルを今回はご紹介させて頂きたいと思います。

 

シューティングドリル

川崎スーパーソニックスで取り組んでいるオフェンスのオンボール、オフボールに必要な基礎スキルを満遍なく反復できるシンプルなシューティングドリルをご紹介します。

 

チーム作りを行う上で、非常に重要な要素

 

が多々含まれていますので、参考にして頂けると幸いです。

 

ドリルは分解して考えよう

それでは一度、どのような要素をトレーニング出来るドリルなのか、

動画を見て考えてみてください。

 

選手はまだまだ途上中であり、全ての要素は出しきれていませんので、

ドリルの流れを見て考えて頂きたいと思います。

 

 

自分の言葉で表現してみて、

 

 

バリューワークスの考えを見て頂けたらより価値があると考えています。

 

 

ボックスダウンスクリーンシューティング 縦

 

 

 

 

 

 

ドリルについて

さて、このドリルですが、別にバリューワークスで考えたわけではありません。

とても有名なドリルになります。

 

知っている方も多いでしょうし、自分で考えた方も多いでしょう。

 

ドリルは目的があり生まれます。

ですので、ドリルはただやらせるのではなく、何を習得させたいのか

一つ一つの動きを明確にして、しっかりとコーチが見て伝えてあげる事が大切になります。

 

それがコーチが存在する意味の1つであり、コーチの腕の見せどころではないでしょうか。

 

出来ない場合はもっと前の分解したドリルを自分で作り出せばよいです。

 

もちろん、選手としてもコーチが考えてきたドリルを

どのように分解して組み立てていくかの習慣を身につけることは

非常に大切なことだと思います。

 

 

バリューワークスの考え

これからご紹介するのはこのドリルに関するバリューワークスの考えです。

当然、本やビデオには載っていない部分になります。

 

また、ドリル自体の名称や分解した要素の名称もバリューワークスでの呼称となります。

 

わからない単語もあると思いますが、なんとなく解釈してみてください。

 

不明点があれば是非質問してくださいね。

 

 

 

さて、ボックスダウンスクリーンシューティング 縦では

 

ボールを持ってエルボーに並ぶオンボールラインと

 

ボールを持たずにショートコーナーに並ぶオフボールラインにわかれます。

 

バリューワークスではそれぞれのラインでは次の要素を重点的に見ています。

 

オンボールライン

・エントリー

・ピボット

・ゲームメイク

・ルークアップ

・パスforショット

・ジャブ

・パス&ラン

・スペーシング(メイク)

・逆サイドダウンスクリーン

・ターン

 

オフボールライン

・エントリー

・ステイ

・ルックアップ

・ジャブ

・スクリーンユーザー

・クロージング

・ブラッシュ

・スペーシング(ユーズ)

・カール

・レディーモーション

・インサイドフットストライドストップ

・キャッチボイス

・エルボージャンプショット

・ポンプフェイク

・スレットスウィング

・レイアップショット

・リバウンド

 

 

バリエーション

ドリルは、それ単体では終わらせず、

様々なバリエーションを追加することが可能です。

 

例えばディフェンスを置き、様々なシチュエーションを作り出してみる。

 

パスに制約をつける。

 

レイアップを外したらダッシュをする。

 

バリエーションについてはコーチのさじ加減で少しづつ追加してあげてください。

 

ディフェンスを入れる事で、ディフェンスのトレーニングにもなります。

 

バリエーションも含めてまた改めて紹介しますので、

ご意見、ご感想などございましたら是非HPやSNSからお気軽にご連絡くださいね。

 

【Skills & Drills】がひとりでも多くの成長につながればとても嬉しいです。

 

Just try it.

 



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演

チームアライアンス