Value Works BLOG
バリューワークスブログ

オフェンスを実行する上で意識したい「シュート期待値」について

2022.2.15

こんにちは!

バリューワークスの大野です。

 

今回は「シュート期待値」のお話です。

オフェンスコンセプトを考える上で欠かせない
「どういうシュートをどのように狙うか」に繋がってくる内容ですので、お時間がある方は是非読んで貰えると嬉しいです。

 

数学で習った人もいると思いますが、
期待値とは「確率を考慮した上で出る数の平均値」です。
バスケに置き換えると、
「1回のシュートを打った際に何点とれるか期待される値」です。

期待値は、
「期待値=シュート得点×シュート確率」
で求めることができます。

例えば、
ミドルシュートが成功確率50%の選手がミドルシュート打った場合。

そのシュート一本に対して、平均して期待できる得点は、

2(得点)×0.5(確率)=1.0(期待値)

つまり、この選手が
「ミドルシュートを打つたびに1.0得点が期待できる」ということです。

同様に3Pの成功確率が35%で決まるとしたら、

3(得点)×0.35(確率)=1.05(期待値)

となり、この選手が
「3Pを打つたびに1.05得点が期待できる」というになります。

この数値(期待値)が高ければ高いほど、
「良いシュート」「価値のあるシュート」
であると言えるでしょう。

期待値はチームや選手によって変化しますが、一般的に、期待値が高いと言われるシュートは以下になります。

 

・フリースロー
・ゴール下のシュート(レイアップを含む)

・3Pのキャッチ&シュート

「リングを狙う」行為は、期待値の高い「フリースロー」と「ゴール下のシュート」を同時に狙えるので、最も狙いたいシュートです。また、リングを狙うことによって、DFが収縮し、外にスペースができるため「3Pのキャッチ&シュート」も付属的に狙うことができます。

 

また、世界最高峰のバスケットボールリーグであるNBAで3Pを狙うチームが増え、近年では日本でも3Pを狙うチームが増えてきた理由は、期待値を考慮した結果であると言えるでしょう。

皆さんもシュート指導に定評がある「FLEXシュート理論」を学び、ゲームメイククラスやゲームメイクトレーニングにご参加していただければ、シュート期待値の高いオフェンスを構築できるようになります!!!

ぜひ、ご参加下さいね!!!

 



スポンサーリンク
Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

協賛提供会社様

ウェルカム通信制高校ナビ様

ウェルカム通信制高校ナビ

「稼げる」バスケスクールのノウハウを学ぶ

バスケットボールコーチは年収1,200万円以上を達成することが可能!

VW COACH IKUSEI JUKU

コーチ・保護者必見!スキルトレーニング動画配信サイト

年間に3,000人以上を指導したノウハウ。日々の練習で最高の成果を得られる動画サイトです。

SKILLBOXTV

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

一価団結アライアンス

実践学園中学・高等学校  男子バスケットボール部 神奈川スーパーソニックスU-15 星槎国際高等学校

運営サポート・コーチ派遣

GERALOO BALLERS がブリチキン

LINE公式アカウント

クリニック、練習の最新情報はLINE公式アカウントにて配信しております。

毎年B.LEAGUEユース選手を輩出する、質の高いトレーニングを是非ご体験ください。

LINE