Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【社会福祉法人 和楽会】社会人コーチ 松野奨也さんインタビュー

2019.12.18

こんにちは。バリューワークスの赤津です。

 

今回はバリューワークスが掲げる環境作り、その中でもバショとヒト。

 

平日も活動出来るコーチの機会創出とコーチ育成を実現する制度となる

 

【VW社会人コーチ支援制度】

 

の誕生のきっかけとなった松野 奨也コーチのインタビューをご紹介致します。

 

松野奨也コーチインタビュー

赤津:松野コーチ、いつも社会人として介護職の取り組みと、バスケットボールコーチとしての活動を両立させて頂きありがとうございます。まずは皆様に自己紹介をお願いします。

 

松野:皆様、はじめまして。

和楽会の松野 奨也と申します。

 

私は現在、「社会福祉法人 和楽会」に務めており、日中は介護職、夜はコーチという
とても有難い環境を提供して頂き活動しております。

 

赤津さんとは専門学生の時に出会い、バリューワークスや川崎SSで指導の場を頂き、沢山の経験と成長をさせてもらいました。

 

今回もこの様にインタビューの機会を与えて頂き、これを機にまた新たに社会人コーチとして活躍してくれる方が誕生したら嬉しいなという、ワクワクドキドキした気持ちでいます。

 

赤津:本当にそうですね。私も松野コーチの事例を一過性のものにさせず、より多くの方にご活用頂ける仕組みを作れたらとても嬉しいです。

介護の仕事は人手不足が騒がれているように思いますが、介護に限らず人手不足を解消し、働き盛りの若者が意欲を持って夢を叶えるための足掛かりになればと思っています。

 

松野コーチはなぜ介護を志したのでしょうか。

 

松野:トレーナーやインストラクター、体づくりのスペシャリストなどを排出する専門学校を卒業した私は、そこで得た知識、経験を誰かの為に役立てたいと思い、その対象を子どもたちに向けました。

 

子ども達の成長のためにコーチを続けたい。しかし、企業に就職した場合、仕事をしながらコーチをするというのは困難です。

 

また、同時に私の父親が介護が必要な状態になってしまいました。介護という事が身近になり、父親だけではなく、同様に誰かの助けが必要な方の力になることが僕には出来るのではないかと考え、介護の道に進みたいという想いが募りました。

 

そんな私の進路相談に赤津さんがのってくださり、企業に務めながらコーチをするという環境を清水理事長と和楽会の皆様が作ってくださいました。

 

介護は肉体労働ではなく身体の使い方を知っていれば、介護者の負担を減らし
ご利用者様にも安全で安心な介護を行うことが出来ます。

 

そのような経験も専門学生時代に学んだことが活きており、介護では高齢者の方々に。
スポーツでは子どもたちに。

幅広い年代の方々に結果として学びを活かすことができました。

 

赤津:松野コーチから相談があり、和楽会様が身近にあったこと。私にとっても奇跡のようなつながりで、本当に人は人に支えられて生きているんだなと40歳を目前に身に染みる日々です。

 

私自身、高卒後大学に進む理由が見つからずアルバイトから挫折を経て会社経営をはじめました。

 

事業は順調でしたが、もっと社会を知りたいという思いやITを知らなければ今後の成長は無いと感じ、専門を出て新卒社員から社会の学び直しを行いました。

 

沢山の経験を積んで今は少しずつ世の中に貢献出来ているのかなと皆んなの力もあり充実した日々を過ごせています。

 

松野コーチの充実感も会うたびに感じますが、企業に勤めながらもコーチを続けられるという生活はどうでしょうか?

 

松野:夢を実現させてくれた赤津さん、清水理事長にはとても感謝しており、私はその感謝を施設に入所されているご利用者様や、バスケをする子ども達に還元していき、共に成長していきたいと思います。

 

そんな風に思えることはこれまでの人生にはありませんでしたので、とても充実して日々を過ごせています。

 

和楽会では資格取得もサポートして頂き、働きながらキャリアを積む事が出来る。

 

バリューワークスではコーチ仲間と力を合わせて選手である子供達の力になることができている。

 

高齢者の方々には安全で安心な老後生活を。
子供達には、どこの公園に行ってもバスケットゴールがあり、練習ができる。
当たり前のように素晴らしい指導者が沢山いて子ども達を指導する。

そのような環境を作り、地域や社会に貢献する事を2つの立場で進めていきたいと思います。

 

赤津:松野コーチ、本日はありがとうございました。

 

後記

若い頃は私も、自分の力で何かを成し遂げたいと、自分自分の利己的な人生でした。

 

しかし、松野コーチは常に温厚で利他的に物事を考えることが出来る素晴らしいコーチで彼から沢山の事を私も学び続けています。

 

スポーツコーチとして経験を積みながら、社会人としてキャリアを重ねていく。

 

私や松野コーチが歩んでいる、その両方を実現出来る環境を共に創っていきませんか。

 

社会人コーチにご興味のある学生、社会人の皆様、採用担当の皆様。

 

是非お問い合わせフォームよりご連絡ください。

 

皆様からのご連絡を心よりお待ちしております。

 

Just Try It.

 

【社会福祉法人 和楽会】VW社会人コーチ支援制度ご利用企業・団体の声

 

【コーチ育成制度紹介】VW社会人コーチ支援制度 活用事例【松野 奨也コーチ・社会福祉法人 和楽会】

 

 

 

 



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

チームアライアンス