Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【受講者の声】【HIGH PERFORMANCE SHOOTING ANATOMY】受講後のチームシュート力について

2019.2.26

こんにちは。ValueWorksの赤津です。

 

前回の編集後記に記載したショットに関する問題提起は賛否両論でましたので、とても良かったなと思います。

 

問題提起による活発な議論と実践が、我々の思考をより深い場所に導いてくれると思います。

 

あくまでも議論が大切ですので、すぐに粗探しや人格否定はご勘弁ください

 

私、精神的に弱いのですぐに泣いちゃいます、、、(涙)

 

でも、より良いバスケ育成のためにも、勇気を振り絞って問題提起は続けて行きたいと思います。

 

意見が違っても嫌いにならないでくださいね!(願)

 

バスケットボールの原理(競技特性)【バスケ戦略コラムVol.4】

 

そんな中、

 

【HIGH PERFORMANCE SHOOTING ANATOMY】

 

を昨年個人とチームで受けて頂いた保護者の方々から嬉しいメッセージが届きました。

 

本人の許可を取り、一部内容は伏せて掲載させて頂きます。

 

 

生々しいメッセージアプリのキャプチャでした(笑)

 

レベルの高い地区で、望んだ結果には後一歩のところで届きませんでしたが、

 

【HIGH PERFORMANCE SHOOTING ANATOMY】

 

をチームで受講頂き、継続・発展して頂いた結果、

 

アウトサイドショット

 

が自信の持てるチームの武器になった

 

という嬉しいご報告でした。

 

私の指導よりも、チームスタッフ、選手の努力の賜物ですが、

 

こうしてご報告頂き、とても嬉しく思います。

 

先日のブログでも書いた通り、【HIGH PERFORMANCE SHOOTING ANATOMY】では高いパフォーマンスを発揮するためのシュート時の体の使い方を指導しています。

 

まずはゴール下から指導し、精度を保ったまま、股関節と肩関節を中心とした飛距離の伸ばし方を徐々に訓練していきます。

 

そうしていくことで、揺るぎのないアウトサイドショットを習得する事が出来るということを、

 

改めて証明して頂き、このようなご報告は大変嬉しいです。

 

【HIGH PERFORMANCE SHOOTING ANATOMY】

 

は最近は開催していません。

 

それは、まだ発展出来るから、中途半端は形でお出しするのはまずいと考えたからです。

 

まだまだ研究開発の余地がある。

 

アウトプットしながらそう感じる日々でした。

 

 

しかし、

 

ValueWorksのメンバーにショット&GAMEトレーニングとしてアウトプットしなから、

 

子供達の反応がより良くなってきている事を実感しておりますので、

 

近々再開していきたいと考えています。

 

竹原さんに頂いた大きな気づきをベースに、実践学園の森コーチや、体づくりのプロからもアドバイス頂き、

 

自分でも満足いくトレーニングが開催出来るようになってきました。

 

ここまでの道のりは本当に長かった、、、、

 

我が子も小3女子ですが、フリースローより後ろから良いフォームでハイパフォーマンスなワンハンドショットが打てるようになってきました。

 

動画はインスタをご確認ください。

 

それでは、皆様からのお問い合わせを楽しみにしております。

 

Just Try It.

 

 



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

チームアライアンス