Value Works BLOG
バリューワークスブログ

【シュート指導】左手は添えて「導く」だけ【ValueWorksコーチ指導教本】

2020.2.5

ワンハンドシュートへの問題提起

今回お伝えしたいのはこの問題提起です。

 

皆様、フォロースルーはガイドハンドも指導されていますか?

 

フォロースルーはガイドハンドもチェックしてますか?

 

受講したシュートクリニックではガイドハンドの使い方を指導されましたか?

 

次の点に心当たりのある方がきっと沢山いると思います。

 

シューティングハンドだけが強調されたフォロースルーで、実はツーハンドシュートで打っているケース。

 

つまり、両手で投げて片手だけの大きなフォロースルーでワンハンドを強調しているのです。

 

コーチ、お父さん、お母さん。

 

是非選手のシュートフォームを前後からスローモーションで撮影してください。

 

ガイドハンドで投げてませんか?

 

シューティングハンドだけフォロースルーが強調されていませんか?

 

このフォームはいわばツーハンドシュートですから飛びますが、ペイントやアウトサイドで使い分けが困難なフォームになり、

 

選手の得点力を最大限に発揮することが出来ない手の体の使い方が身についてしまうと経験上わかってきました。

 

「NBA選手だってガイドハンドの親指で引っ掛けて打っている選手がいる」

 

そう思われる方もいるでしょう。

 

しかしそれは、やはり右手で左手が及ぼす変化を調整して変化球を投げているイメージとなります。

 

距離が伸びれば伸びる程、ズレが生まれる可能性が高くなり、さらにツーハンドシュートにはなく、ワンハンドシュートの良さである様々なシュートバリエーションに関してネガティブな影響を与えます。

 

 

「選手が気持ちいいように打たせてあげれば良い」

 

そんな声も聞こえてきますね。それも大切です。ただ、それではコーチの責任が、コーチの存在意義が薄れてしまうと言われています。

 

スポーツの指導は「ダブル・ゴール」の観点が求められ、勝利と育成を共に年代に合わせた適切なルールの中で実現する必要があります。

 

コーチは選手の人間的な成長や技術的な成長だけに偏らず、スポーツの醍醐味である勝ち負けにも責任を負わなくてはなりません。

 

別途ブログに書きますが、

 

責任とは「未来」だと考えています。

 

なにかの後処理ではありません。

自分の意思決定で、未来をより良いものにする事が責任です。

 

つまり

 

『我々は子供達の未来に触れています。』

 

この言葉はERUTLUC代表である、鈴木良和コーチから頂きました。

 

目の前にいる子供達が最高の成長を遂げるために、コーチは学び経験し、子供達の未来をより良いものにする必要があるのです。

 

それが責任です。

 

我が子の未来ではありません。

僕が責任を持ちたいのは子供達の未来です。

 

今目の前にいる子供達。

まだ見ぬ子供達。

 

我が子だけを考えてる方とはどうしても話が合わない。

そんな経験もしてきました。

 

私は子供達の未来をより良くする責任を自分に課しているから、コーチも育てます。

お給料を払ってコーチを育てるのです。

 

あら、脱線しちゃったね。

この話はまた別途。

 

だから、私はシュート指導に関しては選手の未来を見据え責任を持ち、細かに1人1人の癖をほぐしながら指導します。

 

シュートフォーム指導は自分では気がつかないより良いフォームを習得させるために、

コーチが責任を持って介入し、指導すべきポイントだと思うのです。

 

選手の居心地の良いように打たせてあげればいい。

 

それもよくわかります。

 

でも、本当はもっと居心地の良いシュートフォームがあるかもしれない。

 

私は責任を持って選手のシュート力向上を指導していきたいのです。

 

 

少し話はそれましたが、ガイドハンドでシュートを打ってしまう動作は小学生低学年からバスケットボールを始めたり、ツーハンドシュートからワンハンドシュートに矯正中の女子選手に多く見られます。

 

この動作が冒頭の

 

「シュートフォームを見ればバスケを始めた年齢がわかる」

 

のポイントになるのです。

 

是非スローで動画を撮影し、確認してみてくださいね。

 

ガイドハンドの位置がズルズルと下がり、最後はガイドハンドも使って投げるという共通の動作がそこにあるはずです。

 

ワンハンドシュートでスリーポイントが入った!!!

 

実はそれ、フォロースルーだけがワンハンドを強調したツーハンドシュートかも知れません。

 

要チェックやで。

 

> 次ページ「左手は添えて『導くだけ』」

固定ページ: 1 2 3 4 5



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

シュートディレクター

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃)
バリューワークスメインコーチ(2016-)
実践学園中スキルコーチ(2018-)※全中優勝 ミニドックススキルコーチ(2021-)※神奈川県U15クラブ3連覇 星槎国際湘南男子バスケットボール専攻スキルコーチ(2021-)
「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

「稼げる」バスケスクールのノウハウを学ぶ

バスケットボールコーチは年収1,200万円以上を達成することが可能!

VW COACH IKUSEI JUKU

コーチ・保護者必見!スキルトレーニング動画配信サイト

年間に3,000人以上を指導したノウハウ。日々の練習で最高の成果を得られる動画サイトです。

SKILLBOXTV

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

一価団結アライアンス

実践学園中学・高等学校  男子バスケットボール部 神奈川スーパーソニックスU-15 星槎国際高等学校

運営サポート・コーチ派遣

GERALOO BALLERS がブリチキン

LINE公式アカウント

クリニック、練習の最新情報はLINE公式アカウントにて配信しております。

毎年B.LEAGUEユース選手を輩出する、質の高いトレーニングを是非ご体験ください。

LINE