Value Works BLOG
バリューワークスブログ

ぎこちない練習との向き合い方が選手を育む【コーチ・保護者・練習計画】

2020.1.10

こんにちは。

バリューワークスの赤津です!

 

今回はコーチと保護者の方に読んで頂きたい、

 

「不完全でぎこちない練習」

 

との向き合い方のお話です。

 

我が子が周りの選手と比べて上手くいってなかったり、

 

選手が思ったような練習をしてくれなかったり。

 

そんなケースをどう捉えたら良いかというお話になります。

 

年末年始にERUTLUC様やB.LEAGUEのクリニックやフォーラムで学んだことも盛り込んでおり、

 

何かひとつでも皆様のお役に立てるよう頑張って書きましたので、是非最後までお付き合い頂けますと幸いです。

 

練習計画(指導計画)を立てる上でも参考にして頂けますと幸いです。

 

さて、1月8日に2020年最初の宮山クラスを行いました。

 

いつも行なっているゲーミフィケーショントレーニングに少しルールを追加したため、練習が少しぎこちないものになり最高の年初になったと思います。

 

ぎこちない練習。不完全な練習。もう最高です。

 

私は完璧で美しい練習を好まず、活動以来不完全でぎこちない練習、状態の追及を行なってきました。

 

その方針が、年末のERUTLUC様主催のjunior basketball summit2019や、2020年年始にB.LEAGUEが開催した伴元裕さんの保護者フォーラムで「間違っていないな」と確信を持つ事が出来たのです。

 

また、現在の取組みについてもB.LEAGUEが開催した杉浦裕司先生によるクリニックを受け、ほぼ指導方針や心構えが太さは違えど同じ方向を見れていると感じ、同じく確信を持つ事が出来ました。

 

以下、年末年始に日本を代表する指導者から学んだことを織り交ぜながらお伝えしていきたいと思います。

 

今回お伝えしたい事

私は、選手が上手く練習出来なくてもミスをしても、その取組を認めていく事が大切だと思います。

 

出来ることを美しくこなすのは発表会であり、

成長するのは出来ないことに取組み続ける事です。

 

ビジネスと同じように、未知の世界に挑戦し、ミスをしたりお客様に叱られながら美しい形を作っていく事に、人としての成長や組織の成熟があり、

 

育成年代からスポーツを通じて出来ることばかり取り組んでいたり、失敗を叱られてばかりいたら、本来その子が持つ可能性を摘み取ってしまうかもしれません。

 

出来ない事に取組み、失敗しぎこちない選手、我が子を目一杯褒めてあげて欲しいという事、美しい練習よりぎこちない練習が人を育てるという事が今回お伝えしたい事です。

 

>次ページ 「ぎこちなさの追求」

固定ページ: 1 2 3 4 5



スポンサーリンク
著者情報

この記事の著者

バリューワークス代表 兼 メディア編集長

赤津 誠一郎

Seiichiro Akatsu

出身地: 福島県いわき市

出身校:
いわき市立平第1小学校(揚土ミニバス)
いわき市立平第1中学校
土浦日本大学高等学校
東京工科専門学校インターネットプログラミング科

経歴:
高卒後板前修業のためにフリーターとなり様々な業種を経験。
板前修業を挫折し、地元いわき市にて飲食店を経営。5店舗まで拡大。
専門学校卒業後に事業譲渡し、ITベンチャーへ新卒として就職。
入社半年でMVPを取得。アパレルベンチャーの役員に就任後、
IT企業にて営業部長、新卒研修責任者、経営企画室室長を務める。
現在はITコンサル・PM業とバスケットボールスクールの運営を行う。

資格:
JBA公認C級コーチ
NESTA キッズハイパフォーマンススペシャリスト
NESTA キッズカーディオ&ウエイトトレーナー

ITパスポート
基本情報技術者
Java・Oracle系資格等

コーチ歴:
揚土ミニバスケットボールクラブ(2001頃) バリューワークスメインコーチ(2016-)

「選手とコーチが切磋琢磨し、互いに成長し続ける組織」をビジョンに
バリューワークスを運営しています。
ブログを通じて日本中の選手やコーチに、学びを共有することが出来たら幸いです。

「あの頃の僕に、もしもこんなコーチが、環境があったらどんな成長をしていたのだろう。」

そんな叶わぬ願いを、現在の子供達の現実にするために、
沢山の保護者の方たちに支えられ、より良い環境づくりに取り組んでいます。

Recomend
おすすめ記事
NEW ARTICLE
新着記事

メディア掲載実績

おはスタ出演 クリスタルシャワーClub出演 COMPANY TANK

チームアライアンス